英語嫌いの 胸を躍らせる有限会社ラーナーズジム

英語嫌いの 胸を躍らせる有限会社ラーナーズジム

ブログ

英単語検定

2016/04/18

6月に”単検”なるものを受験してきます。

そのために、目下、英単語だけをひたすら覚える学習をしています。

学習には、覚えたい単語だけを抽出してひたすら頭に詰め込む”意図的学習”と、読解や聴解などを通して自然に単語を取り込んでいく”偶発的学習”があります。

今回、まさに、意図的学習に挑戦中です。

実際にやってみて、意図的学習の長所と短所が見えてきました。

長所は、なんといっても、単語学習を一定期間やったあとで英文を読むと、知らない単語が激減するため、非常にスムーズに読めるようになっていることです。この単語学習のおかげで、フィナンシャルタイムズを読むのがまったく苦痛ではなくなりました。

一方、短所は、栄養を普通の食事ではなく、サプリメントから摂取しているような不自然さや、無理やり感がある、ということです。単語だけをひたすら頭に入れていくという作業には苦痛が伴います。この苦痛の元となっているのは、食事の楽しさを経ずに、ストレートに栄養を摂りに行くような不自然さに似ています。

しかし、こうも考えられます。ものすごく弱っているときであれば、普通の食事だけでは回復が追いつかないこともあるでしょう。そんなときはサプリメントの力を借りて、一気に体力回復を目指そうとするかもしれません。英語学習にとって、普通の食事は、平素の英字新聞読みであり、サプリに該当するのが英単語の意図的学習なのかもしれません。

個人的には、やはりいつまでもサプリには頼りたくないです。普通の食事をしながら栄養を無理なく摂取していきたいです。しかしながら、期間限定であれば、あえて、無理やり栄養を頭に詰め込む意図的学習も悪くはないと感じています。

6月の受験までは、意図的学習7割・偶発的学習3割ぐらいで行くつもりです。そして、受験が終わったら、当面意図的学習はやらないような気もしています。やっぱり”必要なものだけをダイレクトに頭に入れていく作業”は合理的なように見える一方、記憶定着としてはかなり不自然な”強要”をしているので、つらいのです(汗)。。。。

単検サイトはこちら。http://www.eitangokentei.com/

1回わずか35分なので、試験そのものはTOEICよりも軽い気持ちで受けられると思います。