英語嫌いの 胸を躍らせる有限会社ラーナーズジム

英語嫌いの 胸を躍らせる有限会社ラーナーズジム

ブログ

2017年を振り返る

2017/12/27

2017年を振り返る。

数学・プログラミング・受験英語

超苦手3大世界に足を踏み入れてしまった不思議な一年だった。

なぜこの3つをやるようになったのか、自分でも不思議に思う。自分らしさから一番遠いところにあるものばかり(汗)。

心のどこかで「鍛えたい」と思っていたのかもしれない。一番自分に似合わない、息苦しくなるものに、あえて向き合いたい。やってみてわかった。好きなこと、得意なことをやっているときとは違う、面白さが、そこにはあった。

1ミリあるかないかの成長ではあるが、嫌いなものと向き合ってると、ほんの少しだけ腹が据わる。理解を超えたものと向き合っているときに、それでも自分を許せる「余裕」のようなものを少しだけ感じる。さらに言うと、苦手なことをしているときの自分は赤ちゃん状態なので、他人目線がまったく気にならない。「わからないこと」、「知らないこと」をストレートにそう言えるのがすごく気持ちいいのだ。もっとも、受験英語だけは、教える相手がいるので、「わからない」では済まされない。それでも、アウエィにいる感じは数学などと変わらない。ビジネスで体験してきた「現場英語」をいったん脇に置いて、ゼロベースで受験英語をまなびなおしているところだ。

「私にはわかりません」、「私は知りません」

長年教える仕事をしていると、この二つがなかなかなじまなくなってくる。私はそれが嫌なのかもしれない。この二つを無邪気に言いたいのだ。知らない自分、わからない自分を無条件に受け入れたいのだ。中途半端な付け焼刃的知識でごまかすことなく・・・・

量は質を凌駕するらしい。だから、来年もこの3大課題を淡々と続けていこうと思う。今年の自分とは違う自分と出会えるかもしれない。それが楽しみだ。

これが2017年の私の総括。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年もアクセスしていただきありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。皆様良いお年をお迎えください。