英語嫌いの 胸を躍らせる有限会社ラーナーズジム

英語嫌いの 胸を躍らせる有限会社ラーナーズジム

ブログ

ふたつの楽しさ

2019/04/28

楽しさって2種類あるように思う。

ひとつめは、何かを始めるときの楽しさ。

ゼロ状態に足し算していくわけだから、

がんばればがんばるほど成果が見られ、

これがさらにがんばるモチベーションになる。

英語もピアノも、習い始めは楽しい。

わからなかったことがひとつひとつ解明され、できなかったことが少しずつでできるようになるのは楽しい。

もうひとつの楽しさは、

「楽しくないステージ」の向こうに待っている楽しさ。

ビギナーズラックはそうそう続かないから、

やがて退屈で、努力がすぐに成果につながらない、

「楽しくないステージ」が待っている。

今、英語もピアノも、楽しいとは言えない。

それでも細々と続けているのは、

地道な努力の向こうに、ほんのたまに「楽しい一瞬」があることを

体験的に知っているからなのだと思う。

それに、楽しいかどうかより、続けているかどうかの方がはるかに大事だと思う。さして世の中で役立たない学校の勉強をいやいややってきたのは、「楽しくなくても続ける力」「利益や報酬を超えたところで何かを成し遂げる力」を身に着けるためだったのではないかとすら思う。

歯磨きは楽しくないけど続けている。これとほぼ同じ感覚。

「やりたい」を通り越して、「やらなければならない」ことをただやっている感覚。

「好きなこと探し」はもういい。直観的に「これはやるべきだ」と感じたなら、楽しかろうが、楽しくなかろうが、やる。ただそれだけ。