英語嫌いの 胸を躍らせる有限会社ラーナーズジム

英語嫌いの 胸を躍らせる有限会社ラーナーズジム

ブログ

非接触型英語研修:英単語倍増計画:英単語倍増計画23 Gの部品1

2020/02/29

今日はGの部品について見ていきましょう。

部品には単語の前半でよく使われるものと、後半でよく使われるものがあります。

今日は単語の後半でよく使われる単語を見ていきます。

●-grad=市 ロシアの地名”Leningradニングラード”からもわかりますね。「Lenin(レーニン=ロシア革命最高指導者)の市」という意味です。ちなみに、中央アジアにおける、アフガニスタン、パキスタン、カザフスタンなどの”-stan スタン”は、国を表します。

●-grade=歩く  digitigrade(ジティグレイド)は「趾行(しこう)動物」。踵(かかと)を浮かせたつま先立ちで歩くことを趾行と呼びます。犬、猫、鳥の歩き方ですね。これに対して、 plantigrade(プンティグレイド)は、足の裏全体を地面につけて歩く「蹠行動物(しょこうどうぶつ) 」を指します。猿や熊の歩き方ですね。馬や牛のように足の先端のひづめで歩く動物を「unguligrade ングリグレイド 蹄行動物(ていこうどうぶつ)」と言います。

●-gram=書かれたもの program(プグラム)は前もって書かれたもの。telegram(レグラム:電報)は、tele(遠い)+gramでできています。diagram(イアグラム)は図表、いわゆる交通のダイヤ。diaは「通過」を意味します。instant telegramはいわゆるインスタですね。このように、部品知識があると、新たな用語を生み出すことも可能となります。

●-graph=記録のための機械、-graphy=記録の過程 cacography(悪筆)のcacoは「悪」を意味します。cacophony(カフォニー)なら「耳障りな音」や「不協和音」。

●-gen=生じたもの、生じさせるもの hydro(水)を生じさせるものだから、hydrogen(イドロジェン)は「水素」。glyco(多糖)を生じさせるから、glycogen グイコーゲンは「糖原」。栄養素グリコーゲンを食べやすく、おいしくしたのが「グリコ」なのだそうです。

単語後半の部品は、文章読解の肝となる「品詞」を表すこともあります。こちらも参考にしてください。